安室奈美恵 NHKスペシャル 平成史スクープドキュメントふり返り




Pocket

Huluに申し込めば、安室奈美恵さんのドキュメンタリー番組を見ることができますよ。

Huluを見てみる

NHK「平成史スクープドキュメント」で安室奈美恵さん

NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」で安室奈美恵さんを特集していました。安室さんをふり返っていきます。

小室哲哉

安室奈美恵はスーパーモンキーズというグループですでにデビューしていましたが、1995年に小室哲哉がプロデュースを始めます。第1弾シングルが「Body Feels EXIT」です。レコード会社もavexに移籍します。

小室哲哉はイギリスロンドンのPWLという洋楽ヒットメーカー会社へ行き、売れる音楽の作り方を研究したそうです。作った音楽はまずディスコで流して、お客さんがノッているかどうかを調べていたそうです。発売する前に、市場調査を徹底してディスコでみんながノレるリズムを調べていくという手法を取り入れました。

安室×小室で大ヒット

平成はじめの頃は、まだバブルの時代です。技術革新の波が続き、音楽の世界でもCDが開発され、音質の良さと扱いやすさで爆発的に売り上げを伸ばしていきました。それまでのレコードとテープを抜きCDの売上はうなぎ上りで伸びていきます。

また、音楽はテレビとタイアップして大きなヒットを連発していて、カラオケが流行してみんながカラオケで歌うための練習としてもCDを買っていきました。

そんな中で、みんなで歌って踊れる曲として安室の曲がまさに時代にマッチしていたのでした。

平成7年8年9年とミリオンセラーを連発していきます。

結婚と1年間の産休

ところが、絶頂期だった安室奈美恵は突然20歳で結婚し、しかも1年間の産休を宣言します。

平成9年はまだまだ仕事優先が当たり前の時代であり、男女雇用機会均等法など始まったものの、女性たちは結婚をすると仕事優先かキャリア中断か、みんな悩まされていました。そんな中で、あっさりと産休を取った安室さんの態度は、多くの女性に勇気を与えました。仕事もしたいし子育てもしたいという自分に正直な考え方が共感を呼びます。

激変する音楽シーンと新たな歌姫たち

安室奈美恵は、音楽の世界に戻ってきましたが、音楽シーンは激変しており、宇多田ヒカル・浜崎あゆみなと新たな歌姫たちがすでに市場を取っていました。小室哲哉とのタッグでは、もうヒット曲が出せなくなっていました。

小室さんとのタッグを解消してしまいます。どうしたらヒット曲が出せるのか、模索が続きます。自分で作詞・作曲をしてみようと挑戦もしたそうですが、無理だとわかってそれはすぐやめたようです。

最愛の母が死んでしまい、離婚も経験します。

転機が訪れ、コンサートで完全復活

アメリカ帰りのアーティストたちとコラボして曲作りをしていて、安室奈美恵に転機が訪れます。彼らとコラボしていく中で、気づいたのは「音楽はもっと自由」でいいということでした。「自分が本当にやりたいことを追求すればいい」「初めて音楽というものに触れたかな」と彼女は気づきます。そして、歌とダンスで勝負していくというスタイルが確立します。

世間では、新たな技術革新が進んでいきます。ウィンドウズが発売され、パソコンが急速に広まっていきます。高速で大きい容量のデータ通信が可能になっていく中で、音楽の世界でも無料動画や音楽配信が主流になっていきます。携帯端末やスマホも普及し、音楽も完全にインターネットが主流の舞台となります。しかし、安室奈美恵は別の道に進んでいきます。安室奈美恵が選んだのは、「コンサート」でした。極度の人見知りだった安室奈美恵が、年間で9ヶ月間をツアーします。ケタはずれの規模で観客を動員していきます。

音楽が簡単に手に入る時代となり、CDは売り上げを半分に減らしていく中で、逆に現場でしか経験できないことが価値を持ちます。コンサートチケットは売り上げを3倍に増やしていきます。

「コンサートをしている自分が一番楽しそうだった」

「作る作業も楽しい」

「常に不安もありますが、反応が見れるのはコンサート。生のやり取りが出来る」

おしゃべりが苦手で、MCができない安室奈美恵は、観客を喜ばせるために演出を練り直し何度も作り直したそうです。結局、安室奈美恵のコンサートは、ノンストップで2時間ぶっ通しで歌って踊り続けるというスタイルになります。

10年間で340万人動員をして、女性アーティストとしては歴代最多の動員数となりました。

引退コンサート

How do you feel now?

引退ツアーを1年間かけて行い、最後のコンサートで最後に歌った歌は、小室哲哉が16年ぶりに書いた新曲でした。

復活をとげて「奈美恵ちゃんは今の奈美恵ちゃんのままで」と小室哲哉さんに言ってもらえたのはうれしかったそうです。

引退の理由は「いい状態の安室奈美恵を思い出として残してほしい」「7年前に声帯こわしていてもう限界、声も出ない」とはじめて胸の内を明かしてくれました。

まとめ

14歳で芸能界でデビューして40歳まで歌い続けることが出来たのは本当に奇跡のようなものだと思います。もちろん本人の才能と努力によるものですが、運という面も多分にあったとは思います。

でも、番組を見ていて安室奈美恵さんをよく知ることができ、何よりも「同世代」として勇気がもらえた気がしました。やはり、すごい人なんだなと思います。

Huluに申し込めば、安室奈美恵さんのドキュメンタリー番組を見ることができます。

Huluを見てみる

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク