スシローのお薦めメニューと味をレポート、そして営業時間




Pocket

最近、私の家の近くにスシローが出来ました。スシローという名前は知っていたのですが、まだお店に入ったことがなかったので、今回お店に入って食べてきました。その様子をレポートします。

3/14から「極上まぐろ大トロ100円」「濃厚うに包み100円」こちらがお薦めです!

大トロ、うにが、100円! これは入ってみなくてはいけない。

下で食レポしています。読んでくださいねーーー。

スシローのメニュー

テーブルにメニューが置いてあります。

メニューを開くと、こうなっています。

テーブルにはタブレットがありそれで注文するので、タブレットの方が画像があってわかりやすいのでメニューは見ないでタブレットを見ながらボタンを押して注文をしました。

注文するとベルトコンベヤーでまわってきます。注文したものが来るときはテーブルのところにあるスピーカーから到着しますよと声が流れますので、待ち構えていて自分の注文した皿が来たら取ります

スシローメニューは100円が中心

期間限定

極上まぐろ大トロ100円、濃厚うに包み100円、豪華貝の盛り合わせ980円など

吟味ネタ

特ネタ中とろ180円など

にぎり

まぐろ、サーモン、かつお、えび、いかなど、すべて100円

軍艦・巻物

まぐろ山かけ、かにみそ、いくらなど、すべて100円

サイドメニュー

ラーメン330円、うどん130円、味噌汁180円など

ドリンク・デザート

生ビールジョッキ480円、日本酒、ジュース、パフェ280円、ケーキ180円、プリン100円、アイス100円など

スシローお持ち帰りは、予約でネット注文しておいて

ネットでお持ち帰りメニューから選びましょう。

受取時間も先に入力します。待ち時間ゼロで受け取れます。

スシローに入店して座るまで

スシローのロゴです。

お店に入ったら「案内・発券場所」というタッチパネルがありました。

大人で1名と人数を押して、カウンター席かテーブル席の希望を押します。すると整理券が出てきます。けっこうお店は混んでいましたが、数分でアナウンスが流れて15番テーブルに案内されました。自分でテーブルに向かいます。

私が座ったテーブル席です。大人が6人すわれるくらいのゆったりした広さです。

お茶も自分でいれます。コップも置いてあるので粉末を自分でスプーンですくって自分でお湯を入れます。

味の感想は「おいしい!」

5段階で評価したら「4」かもしれませんが値段から考えるとかなり良いです。トータルでコストパフォーマンスで考えると、大合格です。または「ありあり!」です。

大トロ100円です。小さかったですが、味は絶品でした。

シャリのにぎりは素人というか、おそらく機械か器具を使っているように思えました。板前さんが握っているようには見えません。しかし、握り方がダメというわけではありません。

ネタは良いのを使ってます。「寿司はネタが大切だ」という人には、スシローはお薦めです。

ウニ100円です。ちっちゃ! まあ、小さくても100円だからこんなもんですね。

問題は味ですが、おいしかったです。大トロもウニも普通においしかったので、スシローは「ありあり」だなと、この大トロとウニで結論づけました。

大きくして品質を落とすよりは、小さくても美味しい方がいいとスシローは判断したんでしょう。私も、その判断には大賛成です。

こういう企画ものもやっています。

本ずわい蟹とかにみそで180円は安い! しかも、おいしかったです。

天然車エビの食べくらべ(生と漬け)180円。これも充分おしかったです。

まぐろ山かけ100円。とろろが少なかったですかね。でも100円と考えれば充分合格点です。

まぐろ100円。これはもうちょっと脂の感じが欲しかったですかね。可もなく不可もなく。

イカ100円。合格!

ホットコーヒー150円。いれたてです。こういうのもタブレットで注文できます。合格。

デザートもあります。「苺すぎるパフェ」は売り切れてました。

会計もタブレットでボタンを押します。すると店員さんがテーブルに来て皿を数えて伝票を出しますので、それをここに持って支払います。

今回は

大トロ、ウニ、本ずわい蟹&かにみそ、天然車エビ、まぐろ、まぐろ山かけ、イカ、たまご、アオサ味噌汁、ホットコーヒー

これだけ食べて1397円でした。

スシローの営業時間

店舗によって微妙に違うこともあるようですが、ほとんどのお店の営業時間は以下の通りです。

月~金 11:00~23:00
土日祝 10:30~23:00

ラストオーダーは22:30です。

ベルトコンベアが回っている様子の動画

まとめ

いかがでしたか? スシローは現在490店舗あります。北は北海道から南は沖縄まで全都道府県を制覇しているようです。スケールメリットが安さの秘密の一つでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク