埼玉県 熊谷桜堤の桜【2018年】

Pocket

埼玉県の熊谷市に桜の名所があります。熊谷桜堤(さくらづつみ)です。

雑誌の調査でも高い人気を得ています。埼玉県でナンバーワンの桜の名所です。

この記事では熊谷桜堤の特徴をお伝えします。昨年2017年のツィッター、ユーチューブをふんだんに引用していますので、お出かけの際の参考にして下さい。

2018年3/27撮影の熊谷桜堤

熊谷桜堤のポイント

  • 熊谷駅から徒歩5分アクセス抜群の桜の名所です。
  • 平成2年にさくら名所100選に選ばれました。
  • 500本のソメイヨシノが2 km に渡って咲いています。
  • 400年続く桜の名所です。

堤防に桜と菜の花がたくさん咲きます。
Youtube「熊谷桜堤の桜」(4:16)2017/04/15公開

熊谷さくら祭

  • 3月下旬から4月上旬予定
  • ライトアップがあります。18時から21時
  • 露店も荒川公園周辺に50くらい出ます。

熊谷桜堤へのアクセス

電車

JR 高崎線 熊谷駅南口から徒歩5分

秩父鉄道 熊谷駅南口から徒歩5分

上越新幹線 熊谷駅南口から徒歩5分

関越自動車道 東松山インターチェンジから約16.5キロ

関越自動車道 花園インターチェンジから約17.5キロ

東北自動車道 羽生インターチェンジから約23キロ

無料駐車場あり

桜の開花時期には荒川運動公園が臨時駐車場になります。250台分。週末は混雑します。

有料駐車場が駅の周辺にあります。400円から800円程度

マップ

旧熊谷桜堤(万平公園)

現在の熊谷桜堤から徒歩10分くらいのところに急熊谷桜堤があります。万平公園です。もともと熊谷桜堤はこの旧熊谷桜堤の場所にありましたが、荒川の改修によって昭和27年に今の熊谷桜堤の場所へ移動しました。

YouTube「万平公園の桜」(4:37)2017/04/18公開

昨年2017年の開花状況

バイクで堤をツーリング

YouTube バイクで堤防をツーリング(2:31)2017/04/11公開

まとめ

熊谷桜堤の「2キロ」というのは長い距離ですよね。最後の動画で紹介したようにバイクで行くと楽しめそうですが、ただ、桜の時期は人がたくさんいますので、難しいかもしれません。自転車ならよいのかもしれません。

延々と続く桜と菜の花のコラボが熊谷桜堤の最大の「ウリ」だと思います。ぜひ、出かけてみて下さい。駅からのアクセスがいいのもラッキーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする