お彼岸はいつから?【2018年】




Pocket

2018年のお彼岸の日程

のお彼岸

3/18(日)から3/24(土)までの7日間

のお彼岸

9/20(木)から9/26(水)までの7日間

お彼岸の日にちの決め方

春分の日秋分の日を真ん中の日として前後3日間を合わせた7日間のことをお彼岸と言います 。

お彼岸の最初の日は「彼岸入り」といい、お彼岸の最後の日を「彼岸明け」と言います。

秋分の日と春分の日は日付で決まっていないので年によって日にちが変わります。それに合わせてお彼岸も年によって日にちが変わります。

2019年以降のお彼岸

2019年 春のお彼岸 3/18(月)~24(日)

2019年 秋のお彼岸 9/20(金)~26(木)

2020年 春のお彼岸 3/17(火)~23(月)

2020年 秋のお彼岸 9/19(土)~25(金)

お彼岸には何をするのか

ご先祖様のお墓参りをします。お彼岸は、ご先祖様たちがいる浄土の世界が、今私たちが暮らしているこの世と最も近づく時と考えらているので、このタイミングでご先祖様たちを供養するのです。

仏壇やお墓をきれいに掃除をしてふだんよりも丁寧に手入れをします。お彼岸の期間であればいつでも構いません。「おはぎ」「ぼたもち」をお供えすることも多いです。落雁(らくがん)という砂糖を固めたお菓子もあります。

お彼岸の由来や意味

「お彼岸」は仏教用語で、サンスクリット語(古代インドの言葉)の「パーラーミーター」から出来た言葉です。この言葉は、現世であるこの世から、悟りの境地に達した世界(彼岸)へ到達するという意味です。

仏教では、今私たちがいるこの世界を「此岸(しがん)」と言います。これは煩悩や迷いに満ちた世界なので、悟りの世界である「彼岸(ひがん)」へ修行をすることによってたどりつくのが仏教の目的です。

彼岸は西にある世界で、此岸は東にある世界なので、春分の日と秋分の日は太陽が真東から真西へと移動するため、もっとも彼岸と此岸が通じやすくなる日とされて、この日に先祖供養をするようになりました。

春のお彼岸は自然をたたえ生き物を慈しむという意味があり、秋のお彼岸は先祖を敬い亡くなった人々を偲ぶという意味があります。

世界的に見るとお彼岸にお墓参りをするのは日本だけの独自の仏教行事のようです。

みんなは1年のいつお墓参りしているか?

アンケートによると一番多いのはお盆にお墓参りをするというのが多いです。お盆は会社も休みになることが多いので、田舎や実家へ帰省しやすく、その時にお墓参りもできます。お盆はご先祖があの世から私たちのところへ帰ってくると言われています。私たちはご先祖様をお迎えして供養して再びあの世へと送り出します。

お盆の次に、お墓参りをするのが多いのが、春のお彼岸秋の彼岸です。あとは故人の命日にもお墓参りをすることが多いです。

心の中の対話で自分を見つめ直す

お墓や仏壇の前で手を合わせて、死んだ家族と心の中で会話をしていると、ふだんとは違った感覚になります。まずは、近況の報告をするのではないでしょうか? もしまだ生きていたら、この自分の近況報告を聞いて、きっと誰よりも喜んでくれたり悲しんでくれたりするんだろうなあと想像して、そんな家族が今いないということがたまらなく寂しく感じられます。また、いつでも見てくれているんだろうなと改めて心強く感じたりします。そして、先に行って待っている人がいると思うと、自分が死ぬ時の恐さや寂しさも、少し軽くなります。そういうことを考えて発生する感情は、いつもとは違ったものだと思います。特につらかったり迷っている時というのは、お墓参りはいつもとちょっと違う観点で自分を見つめ直す良い機会なのではないでしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク